テアトロコントSpecial ミズタニーのベストセレクション 『米つぶサイズの地球』の上演について

2020.3.27

土日に予定していた3公演について、東京都から出された要請を受け

公演を中止することを決定しました。

楽しみにされていた方、本当に申し訳ございません。


土日のチケットをお持ちの方は3月27日(金)19:30の回にご入場いただけます。

当日精算のご予約の方にはメールにてご連絡させていただいています。

ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。


2020.3.3 

みなさんもご存知のとおり、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、スポーツ、文化イベントの中止が相次いでいます。

演劇でも中止の選択を迫られた公演が数多く発生しました。

ミズタニーも3月末に公演を予定しています。上演されるのか、不安な方もいらっしゃると思います。


結論からお伝えします。

世の中の状況が大きく変わらない限り、

ミズタニーは予定通り公演をおこないます。


現在、出演者・スタッフともに健康です。稽古場では手洗い、アルコール消毒を徹底しています。

当日、劇場内の換気、客席・ドアノブなどを塩素系消毒液で消毒、スタッフのマスク着用、受付でのアルコール消毒の設置など、可能な限りみなさんに安心して鑑賞していただけるよう準備します。


チケットの取り扱いに関しても、イープラスに加えて当日精算の予約フォームを公開します。


その他、詳細は【新型コロナウイルスへの対策につきまして】の文章でご確認ください。

ユーロライブは私設劇場です。公演の可否判断は、企画・製作であるミズタニーと渋谷コントセンターに委ねられています。


公演をおこなうべきか、中止すべきか、

みなさん様々な考えをお持ちだと思います。

ミズタニーは公演をおこないます。

本番初日まで三週間ほどありますが、その決定は変えたくありません。


いま、世の中に不安や不満が拡がっている気がします。

劇場の中ではそんなことをすこしでも忘れて楽しみたい、楽しんでもらいたい、と思います。

「コロナの頃、ユーロライブでミズタニーを観て笑ったな」と、いつか思い出していただければ幸いです。


こんな世の中だからこそ、楽しみましょう。

劇場でお待ちしています。

水谷圭一


【新型コロナウイルスへの対策につきまして】

2020.3.3 

新型コロナウイルスにつきまして、現時点では、飛沫感染(感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫によるもの)と接触感染(ウイルスに触れた手で口や鼻を触ることによるもの)の2つが考えられるとのことです。

感染予防について、下記の通り対策を行い、公演を実施いたしたく思います。ご来場のみなさまにおかれましてもご協力をお願い申し上げます。


・劇場での感染予防について

 各洗面所にはハンドソープを常備いたしております。咳やくしゃみの後、トイレのご利用後は手洗いをお願いいたします。また劇場内の換気や、多くの人が触れると思われる場所の消毒を行います。劇場ロビーにアルコール消毒液を設置いたします。


・咳エチケットの実践をお願いします

 風邪ではなくても、咳・くしゃみなどの症状のある方は、周囲のお客様にご配慮いただき、なるべくマスクの着用をお願いいたします。急な咳やくしゃみの際は、ティッシュなどで口と鼻を覆い、使用した紙はすぐにゴミ箱に捨てて手を洗いましょう。ティッシュがない場合は、ハンカチや、洋服の袖で口・鼻を覆うなど、最大限のご配慮をお願いいたします。


・スタッフのマスク着用について

 感染予防・拡散防止の為に、受付などのスタッフは、マスクを着用することがあります。ご了承くださいませ。


・お客様ご自身の体調について

 風邪のような症状や、発熱・咳・全身痛などの症状が継続してある場合には、観劇をお控えいただればと存じます。


厚生労働省 新型コロナウイルスに関するQ&Aはこちら→

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html


ウイルス感染予防及び拡散防止のため、みなさまのご理解、ご協力をいただきますようお願い申し上げます。


渋谷コントセンター


NEXT

MISTANEY

WORK

WANTED

MAIL

いつもテアトロコントでお世話になっております。

ミズタニーの水谷です。

ちょっとご報告があります。

先日プライベートでグアム旅行に行っていたのですが、12月1日夜、現地で脳梗塞になってしまいました。


主な症状としては、平衡感覚がおかしく歩くと右側に傾く。声帯に若干の麻痺があり声がしわがれる・飲み込みが難しいなどです。

ただ、程度としては軽いのでご安心いただければと思います。


現状、新たな脳梗塞の再発予防と状態回復のため都内で入院し、治療とリハビリを行なっている状態です。


今後の活動予定に多少の遅れが出る可能性はありますが、ひとまずは状態を回復させることにつとめます。


脳梗塞を患うには41歳は若いそうで、症状も軽く回復までに思ったほど時間は必要ないだろう、とのことでほっとしています。

演劇人で脳梗塞になった人って他にいましたっけ? どうでしたっけ? 


グアムでは病院や通訳など、文化や言語の違いで散々な目に遭わされたので、今回の体験を地獄旅行記としてなんらかの形で発表できればと考えています。


これは復讐です。なめんなよ。


水谷圭一

2018年12月